結納のお返しに懐中時計を注文した時のこと

今年6月娘がけっこんしました。35歳にもなっていたので親としてはやれやれでした。関東に嫁いだので会えない寂しさはありますが、嫁に行ってくれたほうが嬉しいです。その時の結納は辞退したのですが、先様は支度金をたくさん用意してくれました。新居に移るので家具や電化製品を買うようにとのご配慮だったと思います。というわけで、正式な結納ではなかったので、お返しをしていませんでした。しかし、周りの方々の意見を聞くと、何か記念になるものを贈った方がいいと勧められました。時期外れの感もありましたが、婿殿に尋ねたところ、懐中時計が欲しいと言ってくれたのです。久しぶりに懐中時計という語句に新鮮さと懐かしさを感じました。父が持っていたからです。早速、デパートへ行きましたが、ことごとく展示していないのです。懐中時計と言う言葉を忘れていたくらいですから当たり前と言えば当たり前かもしれません。6か所行って2か所展示していることがわかりました。その片方で注文し ようと思ったのですが、チェーンがないので次回までに取り寄せておく、と約束しました。そして一週間後行ったのですが、私のことすら覚えていませんでした。でも、そのデパートが好きだったので注文したのですが、新品がないと言うのです。その時点でやめればよかった、と後悔しました。その品は娘と私とのサプライズで彼の誕生日に贈ろうと思っていたのです。その後、こともあろうか、その店員は彼のほうに「新品でないので時間がかかる」と連絡したと言うのです。娘からそのことを聞いて唖然としました。新人だったそうですが、イラっとというより、ムカッとした出来事でした。もちろんキャンセルしました。